コンテントヘッダー

ただいま!

ただいま帰りました!!(*´▽`*)

昨日の夜に退院してきました。
こんなに早く退院してきたのは、
入院直後から急に病状が悪化したからです。
慣れない場所、知らない人たちとの共同生活、
ストレスが大きすぎたみたいで。
自宅が一番落ち着くということで、
しばらくお仕事もお休みさせていただいて、
自宅療養するくとになりました。

入院中の生活をちょっと書きます。
まず入院手続きのために付き添いの母と妹と一緒に鍵が何個もかかった病棟に入りました。
荷物検査が結構厳しくて、荷物の3分の2くらいダメでした。
母と妹をお見送りした後、すぐに身長体重体温を測ったのですが、
体温が38度4分あってびっくり。
全然熱がある感覚なかったのでもっかいはかりなおしても同じ。
入院生活について説明されてから部屋に通されたのですが、
個室って聞いていたのに5人部屋。
しかもカーテンなし。
観察室?ってとこらしくて、
ナースステーションとガラスまどでつながってる、
まあ看護師さんたちの監視下にある部屋でした。
熱があったこともありすぐに氷枕渡されて寝てるように言われ、
横になってずっと天井見てました。
でもすぐに夕飯。
食べられる?って聞かれて、大丈夫です!と答えましたが、
いざ食べようとすると、
手がすごい震えてちゃんと口に運べないという謎の症状が出ました。
部屋に戻ってもやることがなくてただ横になるだけ。
荷物は一切部屋に持ち込めず、ティッシュすらもダメで、
お茶用にコップとお風呂に入れないから顔を拭くようにハンカチを貸し出されただけです。
たくさん持って行った本も持ち込みできませんでした。
夜になって、睡眠薬を持ってきてもらって飲んだ後消灯。
でも幻覚や幻聴がいつもの多い時の倍ぐらい出て、
怖くて怖くてたまらなくって、腕をひたすらひっかいてたので皮がめくれてリンパ液がどばー。
勇気を出して看護師さんに言いに行ったら
知らない薬を処方されて、すぐに寝なさいと言われ、
戻って寝ようとしますが眠れず。。。
ベッドの上でごろごろ。
同じ部屋に入院しているのは全員おばあちゃんで、
夜中に何度も備え付けのトイレに行きます。
眠いれない。。。
そしてしばらくしたらお尻に流れてくる感覚があったので
急いでトイレに行ったら生理・・・。
また看護師さんに言って自宅から持ってきた生理用ナプキンを出してもらおうとしたら、
担当の看護師じゃないから出せないと言われ、
代わりにおむつみたいなの渡されました。
起床時間は6時。
一睡もできませんでした。
それからまたたいくつな一日の始まりです。
同じ部屋の人はおばあちゃんばかりで話通じないし、
荷物は全部看護師さんが預かってるから洗顔するのにも許可がいるくらいだし、
やることなさ過ぎて時間が進むのが遅くて遅くて・・・。
ぼーっと窓の外のたくさんの燕が飛ぶのを見てたんですが、
日差しが熱いよねーって言って看護婦さんにカーテンしめられました。
唯一楽しかったのは、
たぶん一つ上の階にの人だと思うのですが、
窓枠の柱?アルミのところを、
トン・・・トトン・・・トン…トン・・・
って感じでリズムよくたたく音が聞こえてきたので、
私も同じリズムで窓枠をたたき返してみたら少し間をおいて、
また今度は違ったリズムで聞こえてきたので
同じリズムでたたき返してみました。
すると今度は窓枠じゃなくて窓際の壁(木製)を
どん・・・どん・・・どどん・・・どん・・・
って感じでたたく音が聞こえてきたので
私も同じように返しました。
なかなかに楽しかったです(笑)。
病院食ってまずいんだろうなぁ・・・って思ってたんですが、
まずくはなかったです。おいしくもありませんでしたが。
二日目の朝7時くらいに、
看護師さんに、病状が悪化してきて家に帰りたいという希望を相談しに行きました。
そしたらやっぱり、昨日の今日で病気がよくなったわけでもなく退院なんでできないだろうと言われましたが、
主治医の先生に話しておくと言ってくれました。
しばらく退屈な時間を過ごしているときに、
診察の合間を縫って担当医の先生が来てくれて、
個室に移るか退院して自宅療養するか相談しました。
私は退院したい旨を伝えましたが、先生は母と相談してから決めましょうというので、
母の仕事のお昼休み、ちょうどご飯を食べだす時間を伝えて電話してもらうことにしました。
でもそのまえに私も母と話したかったので、母のお昼休みが始まるすぐの時間に
一台しかない公衆電話を使わせてもらって電話して、
退院したいと伝えました。
そして先生と母が相談した結果、退院が決まりました。
後は母の仕事が終わって迎えを待つだけなのですが、これが時間が長い。
また燕を眺めてぼーっとしてたら、
同じ部屋の先輩おばあさんが散歩に誘ってくれました。
散歩といっても入院してる階の廊下をぐるぐる回るだけですが。
そのおばあさんが私の退院を自分のことのように喜んでくれて、
嬉しかった出す。ありがとうタエさん!
それから何時間かたって、母が迎えに来てくれました。
持って行ったたくさんの荷物、結局一つも使わなかったな・・・。

こらからも通院はしますが、
病院とはおさらばだと思うと嬉しかったです。
たった一泊二日。でも何日も入院していたような気がします。
長かった・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

入院してたんですね
お疲れ様です

やっぱり、おうちがイチバンいいでしょ!!
無理はせずに
ゆっくり休んでくださいね(^^)

Re: No title

ろろ様!コメントありがとうございます!!

ありがとうございます!!
ほんとにおうちが一番だとよくわかりました。
もう絶対あんなとこ行きたくないです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
病気が楽になったわけではないので
仕事復帰してもまた休むことが多いかもしれませんが、
前ほど無理はしないように気を付けてゆきたいと思います!
プロフィール

ティエタ

Author:ティエタ
たまにやたらと病みます。
将来の夢は大きなジャンガリアンハムスター。

コメント活力になってます。
ありがとうございます。

ティエタのオリジナルキャラクターサイト↓
http://riririsanaho.wix.com/tyikamazoku

pixivでも活動してたりします。
http://pixiv.me/thieta

Twitter
@thieta_tyikama

リンクはフリーですが、
コメントなどで報告いただけると助かります。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR